つわりで食べれないので吐くならこの方法はいかがでしょうか?つわり食べれない

MENU

つわりで食べれないので吐くならこの方法はいかがでしょうか?

自己破産弁護士費用
自己破産

 

つわりで食べれないので吐くならこの方法はいかがでしょうか?
 
つわりって
本当に大変ですよね。。。
(私は2回経験していますが、
1人目は本当に地獄でした。。。。。)
※それでもまた赤ちゃんが欲しいと
 思っちゃうのはそれ以上に
 可愛いからなんでしょうね(^^;
 


つわりがひどくって食べれない。。。
吐いてしまう場合でも、
対策次第で楽になる事がありますので、
参考にしていただけたらと思います。


 
それでは本題に入りますね(^^♪
 
つわり 

ちなみにつわりの主な種類は
・吐きづわり
(嘔吐や吐き気など)
 
・匂いづわり
(匂いへの嫌悪感や湯気など)
 
・食べづわり
(食べ物の好き嫌いの変化)

 
です。
 

・吐きづわり対策
 
吐きづわり対策としては、
本当に雑誌に書いてある通りですが、
今、食べれるものを食べる!!
 
が1番です(^^♪
 
あまり脂っこい物ばかりは良くないですが、
パンやお菓子など軽食を
いつも家に備えておき、
食べたい時に食べれば大丈夫です。

 
吐くからといって、
何も食べないのは自分はもちろん、
赤ちゃんへも悪い影響もあるので、
少しでも食べて下さいね(^^;


一口でもOKですし、
私は1日に7,8回くらい
食べる感じでした。

栄養面は葉酸サプリなどで
少しだけ補えばOKですので
心配は無かったです。
夕方になると体調が悪くなったりしていたので、
朝方になるべく食べる生活をしていました。


吐いたりもしますので、
脱水症状予防に水分はこまめにとれるように
冷蔵庫には様々な種類の飲物を準備していました。
 
炭酸飲料が少し効果があったので、
味がついていない炭酸水を少し飲んで
みたら効果を感じましたよ(^^♪
 

始めの頃は
お腹の赤ちゃんの為に
「ムリしてでも食べなきゃ!!」
 
みたいな義務感がありましたが、
産婦人科の先生に相談したら

「ムリせず食べれるものを
食べたら心配ないよ」
っと、
言われてからは気持ちが、
かなり楽になりましたし、
生まれてきた赤ちゃんも無事に5歳(長男です)で
問題なく大きくなっています
(最近、生意気ですがww)
 
 
この様な生活を
妊娠経験がない旦那さんなどが見ると
「無理してでも栄養をとれば?」
っと、言われる事はあるのですが、
そんな時はつわり対策の本か何か
見せて納得させましょう 笑

 
つわりに対して理解がない生活を送っていると、
余分なストレスがかかってしまうので、
つわりに対して理解がある
環境作りも大事なつわり対策です。
 
 
・匂いづわり対策
 
匂いは色々なものがダメになってしまいます。
お米の匂いや野菜の匂いなど、、、
 
今まで平気だったものが
急にダメになってしまいます。
その為に私がした対策は
・マスク

(鼻まで覆うタイプのマスクをして
その中に鼻センをしたり)
 
・匂いをリセットする用に
小さいスプレーを常備
(自分が好きな匂いを入れます)
 
です。
 
当然、料理も匂いがきついので、
なるべく匂いを嗅がない様に
鼻栓などをして料理したり、
大丈夫な匂いの食材をネットで検索して、
その料理をするようにしたら
かなり楽になりました。
 

 
・食べづわり対策
食べづわりですが、
食べた時だけつわりが楽になる症状です。
 
私はジャンクフードが食べたくなる体質だったので、
マックポテトなどを少しずつ
食べたりしましたが、その合間に
葉酸サプリなどで
栄養補給をしながら生活しました。
 
友達はパンやゼリーなどを一気に食べず
少量ずつ食べて
つわりの症状の減少が出来たらしいです。
 
大体こんな感じですが、

結論として
つわり対策に万能な物は無いという事です。
 
 

人それぞれに合った
行動をする事で
つわりの症状の軽減をする事は出来ます。
 
でも、
つわりの辛さが
あればあるほど余計に
生まれてくる赤ちゃんが可愛く思えるのは
事実です(^^
 
時間がたてばつわりの症状も

減っていくので、
生まれてくる子供の為を思って、
前向きに頑張りましょう!!
 
最後につわり中に注意して
欲しい事を書いておきます。
 

それは
妊娠中にしっかりと
葉酸を摂取しているか?
っと、いう事です。
 
「みんなの家庭の医学」に
出演されていた石原藤樹先生のブログ
http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2010-10-08

にも書かれている内容を読んでもらえたら
わかりやすいと思います。
 
下記の内容です。
 
FDAとは日本でいうと厚生労働省のような場所で
アメリカ政府機関です。
 
 
医療先進国のアメリカでは、
FDAが
妊婦に対し、
葉酸の摂取を推奨しているのに、
日本ではそのような事がないという
問題に危機を感じているという内容です。

 
確かに
せっかく辛いつわりを耐えて
生まれてくる
可愛い赤ちゃんが
栄養不足で先天奇形などになったら
その悲しみは計り知れません。。。
(先天奇形について
詳しく書いてあるサイトは
こちら
http://merckmanuals.jp/home/%E5%B0%8F%E5%85%90%E3%81%AE%E5%81%A5%E5%BA%B7%E4%B8%8A%E3%81%AE%E5%95%8F%E9%A1%8C/%E5%85%88%E5%A4%A9%E7%95%B0%E5%B8%B8/%E5%85%88%E5%A4%A9%E7%95%B0%E5%B8%B8%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E7%9F%A5%E8%AD%98.html
 
つわりがある妊娠初期から
摂取するのが1番の対策と言えます。
 
しかし、

葉酸を野菜から摂取しようとすると、
大変な量になります。
(葉酸が多いと言われる
ホウレンソウで計算すると、
約4束で800グラムです。。。)
 
 
そんな妊婦さんに1番おすすめな
葉酸サプリです。
 
その葉酸サプリの中で1番のおすすめは
私が調べた結果は
下記のベルタ葉酸サプリです。
つわりサプリ
 
この葉酸サプリは

たまひよなどの雑誌にも
掲載されている
産婦人科もおすすめな
葉酸サプリです。

もちろん
・国産
・無添加
・農薬検査済
・放射能検査済
 
で、安心して使用出来るアイテムです。
 
つわり

 
1日の摂取目安の400μgが
簡単にとる事が出来ます。

 
あとは女性には嬉しい
コラーゲンや、
プラセンタも一緒に摂取出来ます。
 
つわり中でも
美容ケアが出来るのは、
ベルタ葉酸サプリが
1番人気の理由だと思います(^^

 

 

 

様々な種類のサプリがありますが、
この販売元は気になる事は
専属のオペレーターが常備していますので、
気軽に質問出来るんですよ(^^♪

オペレーターも
ベルタ葉酸サプリを使用して
出産した元妊婦さんですので、
妊婦の先輩に対して色々聞けるのは、
よかったですよ!
 

 

こちらの葉酸サプリは
薬局などでは販売されていません。
 
買うなら通信販売しかないですが、
定期コースなら今なら
割引価格の3980円で買う事が出来ます。
 
生まれてくる赤ちゃんの為に、
つわりを頑張っている自分の美容の為に、
是非摂取してみてはいかがでしょうか?
 

 

普段は5980円のものが、
今なら33%割引ですので買うなら
今がおすすめですよ。 
 
これで丈夫で
かわいい赤ちゃんが生まれてくる様に
頑張って下さいね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事をしていましたが、つわり中は常に船酔い状態のようでした。

 

つわりで食べれないので吐く。。。

 

これの繰り返しで妊娠自体がいやになりそうでした。
何をしていても気持ちが悪い。
食欲もありません。
でも、何も食べないのも気持が悪い。食べても、気持が悪い。
さっぱりしたものや、かき氷のような甘みがすくない冷たいものを好むようになりました。

 

今まで好きだった食べ物が嫌いになったり、よく言われる、ご飯の炊ける匂いがダメだったりと、辛い毎日が、妊娠がわかった2ヶ月のころから、4.5ヶ月まで続きました。

 

通勤電車はもちろんつわりで吐きそうで辛かったです。
時間差出勤にしていただけたのですが、やはり電車は混み合っていたり、いろいろな匂いがしたりで、30分程度の乗車ですが、気分が優れない時には、すぐに停車駅に降りれるように、各駅停車に乗るようにしたり、駅と駅の間隔が短い線を選んで乗ったりしていました。

 

つわり中は、食べれないだけで気持が悪いだけでなく、妊娠中で一番気持が不安定だったと思います。

 

妊娠前は、仕事に対して冷静でした。
秘書をしていましたので、いろいろな方にお会いするのですが、誰に対しても、どんな態度の方でも、冷静に対処すり自身がありました。

 

しかし、つわり中は、言葉のきつい方などに対して、
対応した後に悲しみや不安な気持ちが募ったりと、私自身不安定だったように思います。

 

つわりは出産まで続きました。
常に車酔いをしている感じで、目が回るし立ちくらみのような常態になり猛烈な吐き気が襲ってきます。寝ても起きても座っていても気持ち悪いです。テレビを見るのも酔ってしまってダメでした。食事も満足にとれず、唯一大丈夫だったのが、トマトです。そのほか、後々吐くことになっても飲食する事が出来たのがトマトジュースとヨーグルト、飲むヨーグルト、ケンタッキーのチキンです。
脂っこい物は口に入れただけで吐き気をもよおしていましたが、ケンタッキーのチキンだけは大丈夫でした。スーパーやコンビニなどのチキンは全くダメでケンタッキー限定なのが不思議です。つわりが酷かったので体重が妊娠中に一時期3キロほど減ってしまいました。においでも吐き気がするので、スーパーへの買い物が辛かったです。特にネギ、玉ねぎ、にんにくのにおいがダメでした。コンビニに入った時のフライドフードのにおいでも戻しそうになりました。何も食べられるものがなく、胃が空になるとそれはそれでまた気持ち悪くなるし困りものでした。たべても食べれないし、気持ち悪いし、お腹がすいても気持ち悪買ったです。雑誌やテレビなどのグルメ特集も見ているだけで吐き気がしてとてもしんどかったです。

 

妊娠が分かったのは、つわりが始まってからでとにかく毎日気持ちが悪く、つわりで吐き気がひどかったです。2ヶ月目に入るか入らないかくらいでしたぁ。匂いに敏感になっていて食べ物の匂い、香水、芳香剤などとにかく匂いがある物は、すべて受け入れられずトイレにダッシュしていました。ご飯を作るのも辛くて、うどんなど簡単にすぐ出来て匂いもそんなに気にならないものばかり作っていました。吐くのが辛くてご飯もあまり食べれず、とにかくさっぱりしたものだけ食べてました。主に、フルーツを食べてました。パイナップルやみかんやスイカ水分が多い物が美味しく感じていました。
寝てるのが一番楽だったのであまり動かずゆっくりと過ごしていました。ひどい時は漢方の薬をもらってたので飲んで寝てました。

 

5ヶ月を過ぎた頃から少し落ち着いて来て、体調も少しずつ良くなり食欲も出てきました。その頃は大抵の物は食べれていました。ダルさもなくなり大分動けるようにもなっていました。

 

お腹もかなり大きくなり、8ヶ月目に入る位で胃を圧迫されて胎動があるたびに気持ち悪く、ご飯は食べれるもののムカムカしたり吐いたりしていました。強く蹴られたりすると気持ち悪く動けなくなっていました。

 

つわりがひどい時はムリせず安静にゆっくり過ごす事が一番だと思います。

つわりは、ある日突然やってきました。

つわりは、ある日突然やってきました。つわりで食べれないので吐くのに、妊娠2〜5ヶ月くらいまであったと思いますが、ピークは2ヶ月の時でした。真夏の暑いときに毎日くる吐き気。本当にもう最悪の気分でした。お腹に子供がいて育っているしるしとは言え、気持ち悪いものは気持ち悪く、吐きすぎてそのまま息が出来なくなり、明け方にトイレのドアを必死で叩いて主人を呼んで助けを求めたこともあります。吐きすぎて喉の粘膜を傷つけたのか、吐くものがなくなり胃液と共に微量の血が出てきたこともあります。とにかく、この酷い期間は、起きて→吐いて→家事をしながら途中途中で吐いて、吐いてない時はずっとむかむかしていました。まるで、酷い二日酔いが治らずに毎日続いているみたいで本当に辛かったです。
食べ物は、私の場合は毎日食べられる物が違いました。かき氷であったり、トマトを丸かじりしたり、よく食べていたのはグミでした。何も食べられなかった時期に、何故かグミが欲しくなり真夏の暑い中吐き気を催しながら近くのコンビニまでグミを買いに行ったことがあります。
ダメになったものは、焼酎の臭いと何故かシャンプーや洗剤の臭いでした。これらの臭いを嗅ぐと気持ち悪くて仕方が無かったです。
でも、つわりの経験は私を成長させたなと思っています。あの辛い時期を乗り越えたから出産の痛みも乗り越えられたのだと思います。

 

私がつわりを感じたのは、妊娠が判明する前ででした。
それまではつわりで食べれないで吐くという事はなかったです。
なぜか急に吐くようになっていました。
自転車で外を走っているとスーパーの前でふとお惣菜の揚げ物の匂いがしてきました。
その時に吐き気が少しあり、体調も良くない日が続いたので検査をして妊娠がわかりました。
多分、5〜6週目あたりだったと思います。
それからほぼ毎日体がだるく、つわりでやる気が起こらない日が続きました。
つわりで食べれないので吐くと吐き気がします。
なので、減る前にちょこちょこと何かを食べていました。
食べるものは何でも良い訳ではなく、米が駄目になり、うどんや素麺、レモン味のグミなどおやつ類をよく食べていました。
そしてお腹が一杯になってしまうと、また気持ち悪くなってしまいます。
体調も見ながら食べる量や時間を調節しました。
私はちょうどその時に仕事を辞めたばかりで、実家暮らしだったこともあり、調節は出来ましたが二人目妊娠の時はご飯を作らなくてはならなかったのでとても辛かったです。
申し訳ないですがレトルトや外食をしてもらったりしていました。
それほどつわりで吐いて体調不良でした。

 

ちょうど12週目頃に治まりました。
もう、つわりで吐く時期は今だけだと割りきって体を休めることを最優先した方がいいと思います。
そうするだけで、気持ちも楽になりつわりもましになる気がします。
お母さんと赤ちゃんは繋がっています。
お母さんが心身ともに元気で楽しく毎日を送れるのが一番赤ちゃんにとっても良いことだと思います。

つわりで食べれない人の体験談

つわりで食べれない人の体験談

 

つわりで食べれない時期が長かったです。最後までつわりで食べれないのと吐き気と内臓をつかまれている感じで食欲が出ませんでした。赤ちゃんのために栄養バランスは考えながら少しずつ回数を分けて食べていました。体重管理が厳しい病院でしたので検診の後のご褒美としてデパ地下でスイーツを買って食べるのが楽しみでした。その日一日はたくさんスイーツを食べて次の検診まではつわりで食べれないので吐くので我慢しました。妊娠8か月まで働いていたので家にいる間は家事は手抜きしまくって、寝たいだけ寝て、好きな本を読んだり音楽を聞いたり、赤ちゃんのケープを編んだりしていました。お腹の子は昼夜逆転だったのか昼間は静かなのに夜は一晩中大暴れのことが多く睡眠不足気味でした。胎教と気張って無理やり好きでもないことをやるより自分の好きなことをリラックスした雰囲気でしたほうがいいと思います。お母さんがイライラしたり、落ち込んだりする方が赤ちゃんに悪いと母親教室で習いました。また、つわりで食べれないけど子供が産まれたらできなくなるであろうことをするのも手だと思います。私は仕事が休みで体調のいい時は友人と外食したりショッピングを楽しみました。たくさん食べておしゃべりしていたらストレスも発散でき、お腹の子も周りの笑い声で楽しい気分になれるのか、皆で大笑いするとそれに合わせるかのように動いていました。

 

妊娠初期はツワリがキツかったです。
2人の娘がいるのですが
両方とも妊娠発覚後すぐに始まるつわりで初めの1ヶ月はご飯と梅干ししかうけつけなくなります。
揚げ物や魚などは食べれなくなり
匂いを嗅ぐだけで吐き気がしてしまいます。
空腹時に気持ち悪くなる食べづわりも同時に始まる為ご飯と梅干しは欠かさず持ち歩きます。
2〜3ヶ月たつと徐々に他のものも食べられるようになりました。
1人目では義理実家に住んでいて
家事のほとんどをしてもらっていて
美味しいご飯が毎日並んでいたので
出産時には15キロも増えてしまいました。
吐き気と戦いながらも食べれないという事はなかったです。
妊婦特有の便秘にも悩まされました。
薬を飲んだり病院に行ったりはしませんでしたが毎日トイレに行って一人で汗をかきながらつわりと格闘してました。

 

つわりの吐き気と頭痛もありました。
立っていられないくらいの痛みで後頭部が割れそうなくらい。
一時的ではありましたが1日に5回くらいはありました。
頭を急に動かした時や力を入れた時などにつわりの症状がでてました。

 

妊娠後期には寝ているときに足がつって痛くてよく目をさましていました。

 

2人目の妊娠中期には足のつけねがものすごく痛くて歩くのが辛かったです。
検診時に担当の先生に相談したのですが、つわりの症状は人によって違うので明確な返事はもらえず整形外科に行っても妊婦は治療できないし
様子をみるようにいわれました。
そのうち痛みはなくなりました。